なんちゃって月


まだまだ終わらんよ。

公式サイト も Web デザイナーさんが作ったものになって心機一転立派、生産になんとか漕ぎつけたいところだと思われますが、まだ派手に燃え盛っているようです。

今日更新された News「製造進捗状況: LCDパネルの調達に目処が経ちました (2013/5/31)」で「LCDパネルの問題がいよいよ決着しそう」なんだそうですが、うまくいきそうにない感が漂いまくっています。

当初、

ところがあまりに大量の注文をいただいたため、使おうとしていたLCDパネルがそもそも製造中止になっていることが解りました。

となっていて日本語が理解できずにいたところ、訂正が入ったのはいいのだけど、

ところがあまりに大量の注文をいただいたため、使おうとしていたLCDパネルの材料が足りないということが解りました (工場にはもともともの凄く小数しか作らないと言っていたので、そもそもの材料をその時点で確保できてなかったのだということでした)。」

うーん。元の文章消しちゃったらダメなんじゃないかな。これはいいや。

大量がどのくらいなのか分からないけれど、「enchantMOONのご予約、ご声援、ありがとうございました。第二ロット予約も今週末を目処に一旦締め切ります (2013/4/25)」には、「最低1000台ぶんの発注で最大2万台」と書かれていたのだから、この最大は越えたんだろうね。これより少ないなら生産に問題ないはずだしね。知らないけど。

納品も、「[お詫び]enchantMOON 出荷延期のお知らせ (2013/5/14)」で、

どんなに頑張っても6月4日になってしまう

ということでしたが、結局のところまだ確定しているわけでもなく、

初期生産に必要な数のLCDパネルが用意されるのは6/7〜10日と伺っています。

ということらしいです。もう先に 880 台作り始めればいいのにね。

「最初の最初のロットが出ることになりますが、これは200台程度」を作るのに 6/7 までかかるわけだし、「その後、毎週1000台ずつ出荷できるよう調整」してもらうのだから、最初の 3 日分はあるわけで、そこまでで 6/12 までかかるわけじゃないですか。もう初期生産分揃ってるんですよねぇ。

遅れ?ないんでしょう。彼ら『プロ』だし。今までのも想定の範囲内でしょう。彼ら『プロ』だし。

他の部材が揃ってないかもしれない?いやいや、そんなことないでしょう。彼ら『プロ』だし。初回限定特典のストラップはまだかも?彼ら『プロ』だからそんなはずないです。

算数

中国では組み立てまでしか行わないようですから、日本で、開梱、ソフトウェアの書き換え、検品、梱包をしないといけないわけじゃないですか。

週 1,000 台出荷されるらしい(出荷されるといいですね)ので、倉庫にその分入ってくるわけです。それを在庫として積み上げていくわけにもいかないでしょうから、1,000 台を週 5 日で全部出荷しちゃいたいところなわけです。場所もとりますしね。そうすると、単純計算で 1 日 200 台づつ出荷していかないといけないわけです。1 日 8 時間作業すると、1 時間 あたり 25 台です。12 時間作業でも 1 時間約 17 台です。いったい何人で作業するんでしょうね。1 台の作業時間はどれくらいなんでしょうか。

出荷用ソフトウェアの開発はとっくに終わってるはずでしょうから、どうでもいい改良は後回しにして、今から出荷作業の練習をすることをお勧めしたいところです。

最後に

こういう製品は欲しいと思っていたので、トイレで用を足してるときに忘れなければ、うまく生産が開始されることを祈りたいなぁ、とかそれすら億劫にも感じつつ、ここまで来てしまったので、最後に爆発四散するまで生暖かく見守っていきたいと思います。予約はしていませんけれども。

あ!香港のアヒル!復活してたんですね。

そんじゃーね!


戻る